株式会社アンビション - ソーシャルゲーム・オンラインゲーム・モバイルゲームの企画・プランナー・グラフィックデザイン・プログラマー・ネットワークエンジン
先輩インタビュー > グラフィックデザイナー M.S
ここだ!と思い応募しました

もともと絵を描くことが趣味だったのですが、
学生時代に女性向けの恋愛ADV、SLGにハマったことがきっかけで、
制作する側として、自分もゲーム業界に携わりたいと思うようになりました。

アンビションへの入社のきっかけは、就職活動中に女性向けゲームの制作会社を中心に探していたところ、
専門学校で開催された企業説明会に、アンビションの方が来校されて話を聞いたことがきっかけです。
もともと「擬人カレシ」を知っていたため、ここだ!と思い応募しました。

入社当日の緊張やプレッシャー、稀有に終わりました

入社当初はもともと知っていた「擬人カレシ」に配属となり、ストック用のアバター制作のお仕事を担当しました。
学校を卒業する前から早期出社をしていたので、学生のうちに仕事を任されるプレッシャー等もあり、入社当日はひどく緊張していたのですが、稀有に終わりました。
配属先の先輩方もみなさん親切で優しかったので、学生のうちからでもすごく仕事しやすかったです。

現在は、ある社内コンペで採用されたことをきっかけに、女性向けの新規コンテンツに携わっています。
9人ほどのチームで、自分達がつくりたいモノのこだわりが強いメンバーが集められた良いチームだと思います。
入社以降、既存コンテンツに配属されていたため、新規配属は初めての経験で大変なことも多いですが、試行錯誤しつつ頑張っています。

居心地の良い会社です

職場環境としては、ゲーム業界というと激務のイメージが強いですが、その点は入社してから感じたことがありません。
基本的には余裕を持った納期、業務時間内で終わらせられるスケジュールを組むので負担がかからないです。
私はアニメやゲームが好きですが、やはり同じように好きな人が多いので、気を使わなくていい人間関係や職場環境が居心地いいです。
ゲーム会社ならではのゲーム休暇がある事も重要なポイントだと思います。

基本的に趣味が仕事になったため毎日楽しく仕事をしていますが、
やはり趣味と違うところは、自分の携わったゲームを実際プレイしている人を見た時。嬉しいし誇らしげな気持ちになります。
また現在の新規コンテンツは学生時代からの目標であった仕事をさせてもらっているので本当にやりがいしかないです。

仕事をしていく上で引き出しの多さは重要

アンビションで仕事をしていく上で、必要だと感じたことは、
技術面はもちろん、引き出しの多さは重要だと思います。
自分の好きなものだけじゃなく多方面から吸収することによって、
様々なアイディアが浮かぶことはもちろん違う角度から物事が見え新たな発見があったりと
とにかくいろんな事に生かせるはずです。

あとは当たり前ですが、社会人としての最低限のマナーを持ち、
自分の意思を持ってしっかり発言、コミュニケーションがとれる人と一緒に働きたいなと思います。(笑)

インタビューTOP
採用担当SNS Account Twitter Facebook